fbpx

13の質問フレーズ

 

下の動画を再生してください。

ビデオは13分間です。時間短縮したい場合は倍速再生も出来ます。

Youtubeアプリで見る

見終わったら、下にスクロールしてください。

倍速再生方法はこちらをクリック/タッチ

倍速再生方法(スマホ、PC)

スマホの場合

Youtubeアプリで御覧ください。

画面右上の3点をタッチし、playback speed(速度)で選べます。
(見つからない場合は、Youtubeアプリからご覧ください。アプリには倍速機能が付いてます。)

 

PCの場合

歯車からSpeed(速度)で調整できます。

いかがでしたでしょうか?

まず、質問文の場合は、こういう13の基本の型で始まります。

例えば、What Whenみたいな5W1Hを使いたい時も、

(例えば、激辛フードを外国人の友達と一緒に食べていて)

Can you eat? (こんな辛いの)食べれる?

What can you eat? 何が食べれる?(何だったら食べれる?)

みたく、What + Can you のように合体させて使えるので、
この13パターンを使いこなす事で、どんどん話せるようになります。

 

さらに、この使い方をマスターすると、自然とCan I → I can のようにする事で、
質問文以外でもパッと文で話せるようになりますよ。

次の動画で、私が英語を話せるキッカケにもなった、
このCan I, Can you の会話法を詳しく教えるので、楽しみにしていてください。

 

ここで1つお願いがあります。

今後のメール講座を、
極力あなたの悩み改善に反映する内容にしていきたいので、

今回の動画を見て、あなたの感想や、
よく分からなかった事、また、今のあなたの英語の悩みなどを
下のフォームから教えてください。

書いてくださった場合には、後日プレゼントをお送りしてますので、
楽しみにしていてください。

 

 

ご視聴、ご意見、ありがとうございました。

次回の講義もお楽しみに!

 

このメール講座は、videomail@ajieigo.com より配信されています。
このメールが不着になったり、迷惑メールフォルダに入らないように、
迷惑メール設定から除外して頂けますよう、お願い致します。

更新日:

Copyright© Dr.アジの動画講義 , 2019 All Rights Reserved.