fbpx

話すために絶対必要な『発想の転換』

下の動画を再生してください。

ビデオは4分間です。時間短縮したい場合は倍速再生も出来ます。

Youtubeアプリで見る

さて、この動画の中では、
「胡椒かけなよ」という一言が出てきました。

外人さんと日本料理を食べていて、
これ日本人は普通胡椒かけて食べるから

あなたもかけなよ、かけてみなよとオススメするシチュエーションです。

動画の説明では、
Put pepper. のような言い方をしましたが、

今までの動画を見てきたなら、
Canのカテゴリー(can,may,willなど)を
混ぜたセンテンスを言えないか考えたのではないでしょうか?

「かけなよ」の「しなよ~」的な時ってどう英語で表現するかな~と。

例えば、私だったらこの場合、tryを使うと思います。

tryは「してみなよ」っていう感覚があるので、
まあ、動画でも出ましたけど、

Try (this) pepper. と言えば、
「かけてみなよ」というようなニュアンスは出せます。

もしくは、
You should try this pepper.
と言えば「かけてみるべきだ」となり、
それが英語的には「かけなよ~」と強くオススメしている感覚になります。

同じくmustも強いオススメなので、
You must try this pepper.
と言ってもやはり「(これウマイから)かけてみ~。」みたいな感じになります。

もう少し弱くオススメするなら、
Would you like to try this pepper?
とすれば、かけてみない?かけてみません?

という感じですね。

May I put this pepper (on your dish)? It's really delicious.
この胡椒かけてもいいかな?すごくおいしいんだ。

こんな感じで言ってもいいですよね。
(May IはCan Iに変えてもいいですよ)

そう、このwould, must, should, may とかって、強さ加減の違いでもあります。

オススメする時の強弱の違いなんです。

今まで確率の変化だよって
教えてきましたけど、
言葉の強弱と捉える事も出来ます。

一つ一つをバラバラに捉えないで、
同じカテゴリーの仲間で、

入れ替える事で
言葉のニュアンスの強弱を
変えられるのだと考えてください。

そして、一つの「胡椒かけなよ~」という一言でも、

いろんな言い方が出来るって事を
忘れないで欲しいんですね。

英会話ってほんと
知ってる単語を駆使して
瞬間的に作文するような感じです。

それをするために発想の転換が不可欠で、

「かける。。うーん英語でなんていうか分からない。。

じゃあ、かけるに近い言葉、

振る?載せる?付ける?足す?塗る?混ぜる?一緒に食べる?試す?」

みたいに
どんどん発想の転換をしていって
自分で出来そうな英語表現をするのです。

 

そして、最初は
まっさらから作文するのは大変ですから、

私は13フレーズというベースを最初に教えました。

これをベースにすると、作りやすいからです。

まあ、13フレーズはあくまで質問文なので、
肯定文だと、Should I だったら、I should, You should

みたいにひっくり返して考えるわけですが、

そういう風に、出だしの呼び水的な感じで、13フレーズがあります。

ちょっと練習してみましょう。

あなたはホームステイしています。

ガシャーン、あなたが洗い物をしている時に
コップを落として割ってしまいました。

家主に「コップ割っちゃいました。ごめんなさい」と報告するには、どう言えば良いでしょう?

割る?なんて言うんだろ。。
って思ったら発想の転換をしてくださいね。

まず、割ったのは誰ですか?私が割っちゃった。ということは、

I 〇〇~
とIから始まりますね。

コップ、まあコップは、a cup, a glass とか使えばいいです。

コップだと通じないですね、カップと言わないと。

さあ、どう言いますか?自分で考えてくださいね。

まあ、一番簡単なのは、

breakを使う事でしょうね。
break=壊す、壊れる

これ、割れるでも、
粉々になるでも、ヒビが入るでも、
どんな状況でも代用できる超便利ワードです。

I'm sorry, I broke a cup.

みたいに言えばいいですよね。

他にも

I dropped a cup.
I crushed this cup.
I shattered this cup.

などなど、いろんな言い方が出来ますが、
一番簡単で、分かりやすいのはbreakだと思います。

では、最後にもう一つ、「お湯」ってなんて言うか分かりますか?

これは次回のメールで解説しましょう。

あと、これだけは言っておきます。

英語が話せる人と話せない人の違いはこの「発想の転換」が出来るか、できないかです。

以前も話しましたが、
試験英語のせいで我々日本人は、この発想の転換が出来なくなってしまいました。

その事についても、次回掘り下げていこうと思います。

Dr.アジ

 

ーーーーーーーーーーーーー

初心者英会話ステーション

 

 

更新日:

Copyright© Dr.アジの動画講義 , 2019 All Rights Reserved.